再度注意喚起

まだ梅雨ではありますが、暑い日が増えてきましたね。
犬連れのみなさんは、車内にワンコを残すお留守番に難儀される時期でしょうか。
我が家のキャブコンは家庭用エアコンを積んでおります。これなしではやっていけない!と感じる程に重宝しています。
     
が、留守中に電気系統やエアコンが故障したら、と思うと、犬を車内で留守番させることが出来ない時期になりました。
心配しすぎかもしれませんが、、、( ̄▽ ̄;)
犬が入れない施設やお風呂は、基本的に人が残って交代で行きます。
キャンカーですから、それこそ涼しい車内でテレビみたり、昼寝したり、のんびり出来ますし。
     
実は昨年、もしもエアコンが壊れたら、という実験をしました。
27度に冷やした車内は30分で31度、一時間後には33度になりました。
   
冷やしてすぐにエアコンを切ったので、もう少しギンギンに長時間しっかり冷やしたら結果は違っていたかもしれません。
     
人が残っていたら、万が一のときも、窓開ける、ファン回す、車走らせる、などどうにでも出来ますし。
   
あ、実は夏でなくても、出来るだけどちらかかが残るようにしています。
残っていても快適に退屈せずに過ごせるのが、キャンピングの良いところだな~、なんて感じています。
     
結構、キャンピングカーの広告で、エアコンあるからワンちゃんのお留守番も安心!なんて書かれていることがあり、心配しております。
楽しく夏を過ごせますように。
また、一部の高山や国定公園などの涼しい場所では、犬禁だったりします。
よくよく調べてお出かけしましょう。
実は私も人のブログ記事見て、あ、大丈夫なんや!と思って行ってしまったこともあり、大反省。
        
参考までに、昨年の温度実験の記事です。
http://ameblo.jp/acok/entry-12181811289.html
楽しい夏を過ごせますように。

マイクロソフトのAI女子高生、りんなにボーダーコリー認定されたパピヨン犬太でございます。

2 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    車のエンジンは何が原因で止まるかわかりませんから、過信は禁物ですよね。さらに、バッテリーを使い切ったらエンジンがかからなくなりますから、暑いまま何時間も過ごすことになりますし…
    何かで部屋を冷やすコツを読んだことがあります。クローゼットやタンスなどの中も冷やすことで、保冷効果を高めるんだそうです。それでも真夏は「焼け石に水」なんでしょうけど…

  • SECRET: 0
    PASS:
    >shio-ujiさん
    キャブコンの場合、車にもよりますが、
    普通の車より断熱がしっかりしているので、大きなアドバンテージがあります。
    冷房を入れる前の温度が、外気温と同じでしたから。
    同じ場所に停めていた乗用車は、40度をはるかに越えていましたので。
    外気温と同じ状態で何時間が犬にとって危険なのかは、犬によって大きな差がありますので、単純に危険と言い切るほどのネタを私は持ち合わせていません。
    ただ、エアコン止めたら案外あっさりと外気温に戻ったので、その点の注意喚起でございます。
    車にもよりますが、家電のバッテリーが切れても、エンジンはかかるように分離されているキャブコンもあります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.