嫌いだった者同士

 預かり中のミッキー。それと主人。

元々主人は保護犬を預かるということがどういうことか、あまり分かっておらず、
賛成もしていませんでした。
預かりをやりたい、と言った私に主人は、
「まー、でも、(大家である)親がダメって言うんじゃないか」

と言ったのです。
HEY!私がそんなところ、ぬかってると思うなYO!!
その時、既に「お義母さん、お義父さんにはもう了解とってあるから」

てなわけで、ならば、まぁ、いいよ、という感じでした。
とんでもない嫁ですね、ほんとに(笑)

そしてミニチュアシュナウザーのミッキーが来て。
ミッキーを見た主人は、
「おおおおおおおおっ!!!シュナウザーはダメだよーーーーー!」
っと意味不明な雄叫びをあげました。
親戚の家のシュナに超吠えられて、噛まれたことがあるそうです。

でもミッキーはイイコ。攻撃性はありません。
でもとってもとっても慎重派。
ご飯を用意して、お散歩行って、とお世話をする私には1週間もしないうちに心を開きました。
でも、主人のことは1ヶ月位警戒していましたねー。
ちょっかいは出しませんし吠えるわけではありませんが、見張っている感じ。
主人もね、警戒していましたねー。
こちらもまた、見張っている感じ。

極端なタイトル付けましたが、嫌いというか、まぁ、どっちもよく分からない者同士ですね。

主人は犬達が寝てから帰宅しますからね。
朝の散歩とかご飯が終わって、サークルに入ってから起きてくるし。

特に問題があるわけではないので、休日はたまにおやつをあげてもらったりしていました。
あとキャンプだとかドライブで出かけるときは、私達二人と犬達は一緒なのでね。

生活をぼちぼちと一緒に続けるうちに、やっと?
和解したのか。

5ヶ月も経った今、やっと主人の膝でくつろぐように。
来週にはトライアルに出かけるっちゅーのにね。

ミッキーが良い子にしていてくれたので、今後も預かり続けてもOK!と
義母も主人も。
しかも二人とも
「次に来るのはどんな子かなー」とワクワクしているようです。
ミッキーのおかげだね。

時間をかければ分かりあえることもありますね。
でも、時間だけをかけてもダメな時だってありますね。

人と犬が一緒に暮らす。

私の勉強は終わらないのです。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.