チームテストの練習

OPDESのチームテストを目標に、犬太のオビディエンストレーニングを
頑張り始めています。

犬が近くにいる状況でノーリードでマテとか、
近所の公園では犬が多すぎて練習が難しく、
また夜中だと犬などの刺激がないので、「はて、どうすっか」と悩んでいたところ、
地元にOPDESのチームテストに明るい先生がいらっしゃることが分かり、
本番のような刺激がある状況での練習をお願いしました。

子犬の頃から生活に必要な
「吠えない」
「おすわり」
「マテ」「おいで」
はある程度教えて来たものの、競技のようなことは、
アカデミーに通うようになってから教え始めました。
人の左横につける「ヒールポジション」なんて一切考えたこともなかったし。

で、その成果ですが

 

初めての場所でも空気を読んだのか集中してくれて

 

先生と先生のワンちゃんが近くを走ってもマテて

 

まぁ、なぜかカメラ目線だったりするのですが(笑)、
(先生のワンちゃんはバッチリとアイコンタクトしてますね)
なんとかいつもと同じ動きをしてくれました。

ヒールポジションの付ける位置が甘かったり、
上記のように刺激に左右されたり、
これからオヤツを抜いていかなくてはならなかったり、

課題は沢山ありますが、
心配していた程、他犬がいる状況で不安定になるわけでもないので、頑張れそうです。

暮らしの中で困ることは無いけれども、
やはり型にハメてキッチリ犬をコントロール出来るとカッコイイし、
覚えさせる過程は楽しいし、勉強になります。

秋に埼玉でテストがあるそうなので、まずはTT1という犬にリードを付けた状況でのテストに合格できるように頑張りたいと思います。

---
皆様にご報告とお礼をひとつ。

先日のドッグトレーナーズアカデミーの認定試験ですが、
皆様のおかげで、満点で合格することが出来ました。
本当にありがとうございます。
これで無事に卒業出来そうです。

#個人的には前回の実技に必要な項目の試験が珍解答集みたいな出来だったので、
 結構危機感がある中での勉強でした。

周囲の方々のご支援が無ければ、
どれだけ勉強したとしても、まずは試験に行くことが出来ません。
そして応援の後押しがあったからこそ、ヘタレな私でも頑張れました!

これからも地味に勉強を続けます。

入学した頃の
「捨てられない犬を育てたい」
「トレーニングした犬の愛おしさを伝えたい」
という思いは変わりません。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.