お給料を頂いて最初に行くところ

 
お給料を頂くと、真っ先に行くところ、

そこは本屋さんです。
今日の仕事帰りに行ってきました

ミステリー小説、ネタ本、ビジネス書、ペット、動物、料理などの棚をぐるりと歩きます。
Amazonも使いますが、必ず月に2~3度は本屋さんに行きます。

今月は初めにこいつらを。

「グリーンスムージーを始めよう」
なんとなく朝に良い感じがして。
葉野菜のジュースにどんな効能があるのか書いてるみたい。

「野生イヌの百科」
イヌのルーツというか、生物学的に「イヌ」に分類される生の姿が知りたくて。

「かんたん犬ごはん」
須崎先生の本ですね。
我が家はどちらかというと生食派で、本村先生派なのですが、
須崎先生の本て人気らしく、どこにでもあるので、読んでおこうかなと。

「アファメーション」
先日本屋に行ったときに見かけたのですが
「あ、プレイボゥの森山校長のブログにあった言葉!」と買おうとしたらですね
お財布に800円しか入っていなくて買えず。

「論理脳ドリル」
本じゃないか(汗)

「その検索はやめなさい」
紙と鉛筆と電話と飲み会をこよなく愛す私。
私と仕事をしたことがある人なら必ず「メールをしたら速攻で電話がかかってきた」
という体験をしているはず。そんな私にタイトルが響いて。
ちょうど今日、プレイボゥの校長先生がこちらの記事で、
「ツールに使われるなよ」という記事を書いていらっしゃってビックリです。

実は、数年前までは全く本を読まなかった私。
今の会社の社長が私を読書へ導いてくれました。

飲み会のときに
「お前は何を読んでいるんだ」と言われ、ある有名なミステリー作家の名前を言ったら、
思いっきりダメ出しされ、
その時「面白いから読んでみろ」と言われたのが
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」という本と、中村天風です。
それから私の中では、ものすごく色々変わった気がします。

本は良いです。
探している情報はもちろん頭に入ってきますし、
探していない情報も入ってきますし、
戻って読むのが簡単ですし。

大体月に10冊前後読みます。
この忙しさでなんでそれだけ本を読む時間があるのか

と言われますが、私は時間を細切れに使います。
2年位前はもうちょっと頭が働いたので、20冊位読んでました。
なんでも天才な人って1日に30冊読むとか。
すごいですね。

5分開いたら手元の文庫本を読む。
ご飯の片づけが終わって、お散歩に行く前の10分間にも読む。
寝る前に布団に入って、15分読む。

そんな読み方なので、一度読んでもまた数か月後で読み返すこともたびたびあります。

あと、本はカバーをかけないで、置いておいた方が良いです。
タイトル見ると読みたくなるので。

楽しいですよ。

ああ、ドッグトレーナーズアカデミーの宿題のしつけの本も読まないと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.