私が焦るとき

私が焦るときは、大抵、終わる目途、達成できる目途が付いていないときではないかと思っています。

ドッグトレーナーズアカデミーでは、沢山の宿題が出ました。

「仕事して学校行って実習して、こんだけの宿題、どうやってやるんだよ!」って位の量が出ます(笑)。
どれも楽しい課題ばかりなので、全く苦ではないのですよ。

でも、圧倒的に時間のやりくりが難しい。
焦りましたねぇ。

そこで、仕事で使っている手法を使うことにしました。

スケジュールを先に決めてしまおう!と。

まず、それぞれの課題を小さな項目に分解しました。
#私達のITのお仕事ではWBS(Work Breakdown Structure)と言います。

読書感想文なら、
・本に付箋をつけながら読む
・粗々で書く
・上記の粗々を組み立てる
・推敲する
・誤字脱字のチェックをする

その後、上記の項目一つ一つをスケジュールに落としていきます。
一つの項目にどれだけかかりそうか、締切から逆算してどこまでに終わってないとマズイのか、ということを考えながら、書いていきます。
#ガントチャートなどと呼ばれることがあります。

で、スケジュールに落とした結果、出来そうなら安心しますし、意外と時間がないとマズイなと思うのですが、焦るというよりも、それはもうやるしかないので、腹をくくります。

そう、結果的に終われば良いのですよ。

WBSを項目ごとにスケジュールに落としていると、途中で振り返るときも、一つ遅れたからここで取り返さねば、などということが、明確に分かるので、締切を割り込んでしまうリスクも少なくなります。
安心材料の一つです。

やることが分かっていて期間的に終わるかどうか分からないことは、こうやってスケジュールの線を引いて安心してしまうのですが、
漠然と何をやるべきか分からずにオロオロしているときって辛いんですよね。

でも、そういう時は、必ず決断をするためのインプットが圧倒的に足りない。
だからそういうときはもう、割り切って、沢山の人に会い、沢山の本を読みます。
沢山の音楽を聴くこともあります。
ジャンルに拘る必要はないと思っています。

犬のことで何かを探しているときだって、ITの本を読んだり、お作法の本を読んだりします。
それでも「おおおおおお、これじゃ!」といきなりヒラメクことがあるのです

だから、今、一番私がやるべきことは、
沢山のインプットを自分に与えることだと信じて頑張ります。

焦りからは何もアウトプットされませんので

-----
■□■本日のオペラント条件つけ■□■

遅刻しそうだったのでソリで出勤したら総務のおっさんに電話怒られたので、
ソリでの出勤は諦めた。

★正の罰 

★嫌なことを加える    総務のおっさんに電話で怒られる
★減少したこと      出勤にソリを使う

-----

ドッグトレーナーズアカデミーの
宿題の進捗ニコニコ

 ・読書感想文    ★★★★★★☆☆☆☆(粗々でA4 2枚分書きました)

 ・犬種研究      ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(英語wikipediaの翻訳完了)

 ・出張トレーニング ★★★☆☆☆☆☆☆☆(2軒目のスケジュールを3月終わりからで決定)

何が焦ったって、もらったパソコンでインターネットとメールしか使っていなかったから、
パソコンにワードとかの文章書きソフトが入っていないことを知らなかった。
仕方ないからopenofficeをダウンロードしましたよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.